調停の成立のケース 

2015年1月15日 / 未分類

調停離婚を行っ}PgžxQた場合、慰謝料や財産分与、養育費その他諸々の点で夫婦が合意に達すると、離婚が成立します。この時に作成されるのが調停調書です。この調書は、裁判で決められたのと同等の法的効力を持ち、離婚届を出す際には、この調書の謄本も一緒に提出します。
この調停調書が特に威力を発するのが、養育費の未払いや滞納の場合です。もし妻が子供を引き取り、夫が養育費を払う場合、未払いがあると、調書を作成した裁判所から、夫に対して支払いを命じることができます。これを履行勧告といいます。協議離婚で作成される公正証書には、この権限はありません。つまりこの履行勧告は、裁判所で離婚を行い、調停調書を作ったために得られるメリットといえます。もし、夫がこの履行勧告を聞き入れない時、滞納を繰り返す時には、強制執行の手続きが取られます。しかも、強制執行による給与の差押えは、通常は4分の1の額までなのですが、こと養育費に限っていえば、2分の1の額まで差し押さえが可能なのです。また、現時点のみならず、将来的に支払われるべき分についても、差し押さえができます。
この強制執行の手続きは自分でもできなくはありませんが、法律の専門家にやってもらうとスムーズにことが運びますので、弁護士か司法書士に依頼することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る