訴訟の手続きについて

2015年1月15日 / 未分類

離婚}PgžxQの訴訟は調停前置主義となっており、まずは家庭裁判所で離婚調停の申立てをしなければなりません。調停では、相手と顔を合わせることなく調停委員を介して話し合いをする形になりますが、相手方が出頭しなかったり、お互いにお年どころの決着がつかない場合には不成立になったり、審判になります。不成立になったときには手続きを進めることができますが、まず調停不成立証明書をつけて、訴状と証拠書類を提出します。このとき、収入印紙と切手も必要になりますので用意しておきましょう。後日裁判所から、訴状の訂正の必要があれば連絡がありますので、訂正申立書を出したり補完します。その後裁判所から呼び出し状が届きますので、決められた期日に出頭しますが、自分の主張はそのつど準備書面で主張する形になります。証拠書類は写しを作成して提出しますが、原本は出廷したときに証拠の確認をすることもありますので持ち歩くようにしましょう。証拠書類の確認は、弁論が一通り終わった後で別途期日を設けますが、このときに本人が証人として呼び出されることもあります。これらの手続きが終了したら和解の勧告があり、同意しなければ最終的に裁判官が判決を言い渡します。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る