訴訟費用の内訳について

2015年1月15日 / 未分類

ソファー裁判をするにあたっては訴訟の手続きが必要になりますが、基本的に訴訟費用を含めた裁判にかかった費用は敗訴者が支払う事が一般的になっています。場合によっては依頼料を除く弁護士費用も払う必要が出てくる事も有り、裁判とは両者にとって経済的にも精神的にも大きな負担のかかる作業と言われます。

裁判手続きの入り口である訴訟手続きにも勿論費用はかかりまずは弁護士を通しての訴訟手続きの場合は、手続きの日の日当と受付料そして公的手続きの書類の多くには金額次第で印紙が必要になる事も多いですから、弁護士を通さなかった時でも少なくても一万円以上はかかり、代理人に依頼した場合は日当がプラスされますので二万円以上はかかると思われます。

依頼した場合は準備した書類の作成費用や裁判所までの交通費等代理人にかかる費用も有りますが、請求額は代理人によって異なりますので一律に幾らとは言えませんが、結構な額を請求される事が多く見られます。それらも裁判が終わると請求されますので、訴訟費用だけでも総額はかなりの金額になると思われます。

ですので離婚に関しては出来るだけ当事者だけで冷静に話し合い方が、経済的な負担も軽く済みますので裁判所を使うのであれば調停までにした方が冷静に話し合う機会も与えられますのでよろしいと思われますが、やむを得ず裁判になる場合は依頼先は慎重に選び良心的な事務所を選ぶ事をお勧めします。

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る