離婚と訴訟

2015年1月15日 / 未分類

近年、増えているといわれる離婚ですが、成立するにはさまざまな条件があります。協議、つまり話し合いによって折り合いがつけば成立しますが、中には、協議で決着がつかず、訴訟にまで発展するケースもあります。
訴訟の前には、必ず調停を経ていないといけません。つまり、調停で折り合いが付かない場合に、裁判に持ち込まれるのです。この場合は、民法が定める、法廷の、婚姻を継続しがたい原因があることが条件です。また、原則として、不倫などをした有責配偶者からの請求は認められません。これが認められるのは、非常に稀で、例外的な条件がそろわなければなりません。それは、別居期間が相当年数あること、未成熟子がいないこと、別れた後に、その配偶者が過酷な状況に陥らないということがはっきりしていることです。
そして、その請求と合わせて、親権の決定、養育費、財産分与や慰謝料についても同時に請求することになります。
しかしながら、訴訟は通常の裁判と同じことになりますから、調停とは異なり、費用も相当かかり、時間も長引くことがあるということを覚悟しておかなければなりません。裁判が一年以上長引いて決着するということも多いようで、なかなか決まらず精神的に辛い思いをすることもあるようです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る