調停離婚とは

}PgžxQ好きあって結ばれ家族となった男女であっても、長い年月を共に過ごすうちに、相手に対する気持ちにも変化が起き、互いに思いやりや配慮もかけるようになってくると、些細なことでもすれ違いや衝突が起こり、気が付けばもはや修復しがたいほどの亀裂となってしまっていることも少なくはありません。努力を重ねても互いに対する憎しみしか感じられないようになって来れば、もはや一つ屋根の下で生活を送ることは困難となってしまい、精神面で考えても良い環境とは言い難いです。互いの人生を考えるのであれば、婚姻関係を解消し、別々の人生を歩むほうが幸せになれるのですが、結婚生活を築いてきた中で家族も増え財産も増えると、なかなか簡単に離婚という判断を下せず、さらに揉めてしまうカップルも多いようです。離婚は当事者同士の話し合いでまとまれば成立しますが、どうしても話がこじれてしまった場合は、どちらか一方が家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行い、第三者である調停員を交えて改めて話し合いを進めていくことができます。当事者どうしてあれば、なかなか互いに譲れなかったことも、第三者の意見を参考にすることで折り合いがつけられる場合も多く、互いにとって一番良い方法が導き出せます。

TOPへ戻る